HOME入院のご案内>入院中の過ごし方

入院のご案内

入院中の過ごし方

入院中の過ごし方

●入院中は療養に専念し、医師や看護師の指示をお守りください。

●病室では、他の患者さんに迷惑をかけないようにしてください。

●来院者および医療者に対する暴力行為、暴言、威嚇行為、性的嫌がらせ、その他迷惑となる行為は慎んでください。そのような行為があった場合には、退院していただく場合もあります。

●原則として消灯時間は21時です。

●入院中は禁煙です。 入院中の飲酒は禁止します。

●テレビカードで洗濯機、乾燥機、インターネット端末(デイルーム)を利用できます。

4人部屋での携帯電話の使用はご遠慮ください。なお、デイルームなどでご使用の場合はマナーをお守りください。手術部・集中治療部などでの携帯電話の使用はできません。案内表示に従ってください。

●外出・外泊は、主治医の許可が必要です。所定の用紙に必要事項を記入していただきます。外出・外泊に出かける場合や病棟にもどられた場合には、看護師までご連絡ください。

●外出・外泊以外で、病棟を離れる場合(散歩、売店、理容室・美容室、面会者との面談等)は看護師にお知らせください。 特に消灯後(21時)から起床時間(6時)までに病棟外に出られる場合は、必ずお知らせください。 不在と判断した場合は、医師や看護師が捜したり、ご家族に連絡することもありますのでご協力をお願いします。

ページの上部へ

喫煙について

入院中は禁煙です。

※九州大学馬出地区キャンパス(病院地区)は全面禁煙となっています。

ページの上部へ

盗難防止について

病院には多くの方が出入りしますので盗難が発生する場合があります。

●盗難にあわないように、多額の現金や宝石等の貴重品は病室に持ち込まないようお願いします。

●現金・貴重品は、病室に設置しているセーフティボックスに入れ、必ず施錠してください。

●セーフティボックスの鍵は常に身につけてください。

※現在まで、鍵を壊されて盗難があった事例はありません。
※なお、盗難にあわれた場合でも本院では責任を負いかねます。

ページの上部へ

給食の下膳時について

ページの上部へ

館内一斉放送について

診療上、昼夜を問わず(24時間体制)一斉放送をする場合があります。
特に、夜間のハリーコール(救急呼び出しコール)等につきましては、ご理解ください。

●ハリーコールの放送
「ハリー先生、ハリー先生、○棟○階へお願いします。」

●ヘリポートの放送
「まもなく、本院ヘリポートに救急患者搬送のヘリコプターが着陸します。」

●システム障害の放送
「メディカルインフォメーションセンターよりお知らせいたします。現在、コンピュータシステムで障害が発生しており、原因調査にあたっております。復旧の際は、改めて連絡いたします。」

●リニア搬送障害の放送
「防災センターよりお知らせいたします。ただいま、リニア搬送設備に不具合発生のため、停止しています。使用できませんのでご協力の程よろしくお願いいたします。復旧の際は、改めて連絡いたします。」

●面会時間終了の場合
「 8時になりました。本日の面会時間は 8時をもって終了しました。」

その他病院長が必要と判断した場合は、一斉放送をします。ご協力をお願いします。

ページの上部へ

その他のご注意

●郵便物の宛名は、『○○棟○階』を必ずお書きください。

●非常口、避難器具等の位置を入院当日にご確認ください。火災、その他非常災害が発生した場合は、医師・看護師・その他職員が誘導しますので、必ずその指示に従ってください。

●病室に排煙窓がありますが、触らないでください(警報が鳴る場合があります)。

●病院職員へのお心づけは固くお断りいたします。

●不審者、不審物を見かけたら、ただちに病院職員へご連絡ください。

※お困りのことがありましたら医師や看護師に遠慮なくご相談ください。

ページの上部へ