HOME診療科のご案内九州大学病院 別府病院>外科(別府地区)

診療科のご案内

外科 (別府地区)

診療科ホームページへ


肝切除手術の実際

昭和6年九州大学温泉治療学研究所開所以来、別府地区における九州大学病院外科として役割を担って参りました。消化器癌・乳癌を中心に、地元の先輩医師、大分大学、福岡本院と緊密に連携し、大学としての先進医療を推進しています。


得意分野

■腹腔鏡による胃癌・大腸癌に対する徹底的な低侵襲手術

■肝胆膵領域がんなどの高度技能を要する外科手術

■乳癌に対する乳房温存術

■高度進行がんに対する集学的治療

■高齢者特有の疾患(食道裂孔ヘルニア、直腸脱など)に対する腹腔鏡下手術

診療体制

日本外科学会(指導医2名・専門医3名)、日本消化器外科学会(指導医2名・専門医1名)、日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医1名)、日本消化器病学会(専門医1名)、日本消化器内視鏡学会(専門医1名)、日本乳癌学会(認定医1名)、がん治療認定医機構(認定医3名)が専門的な診療にあたっています。

診療方針

早期から終末期までがん診療に特化した科であり、根治性を担保しつつ「徹底的な低侵襲」治療を目指します。一方、高度進行がんに対しても基本的に「最後まで根治性をあきらめない」診療をしています。また大学の病院として最新知識や技術を市民に還元し、お役立ていただくことを心がけています。

対象疾患

消化管外科(食道癌、胃癌、大腸癌、消化管間葉系腫瘍(GIST)、消化管穿孔など)、乳癌、肝・胆・膵外科(原発性・転移性肝癌、胆管癌、胆のう癌、膵臓癌など)、その他一般外科。高度(末期)進行がん

主な治療

■消化管、肝・胆・膵、乳腺の悪性腫瘍に対する手術

■最新機器による放射線照射療法(放射線科)、最新の分子標的療法、化学療法

■低侵襲治療(腹腔鏡下手術、肝癌に対するラジオ波焼灼術)

■高齢者に対する負担の少ない低侵襲手術

学会施設認定

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会、日本臨床腫瘍学会

ページの上部へ