HOME診療科のご案内中央診療施設>がんセンター

診療科のご案内

がんセンター

各センターホームページへ


組織図

九州大学病院は、2008年 2月 8日に厚生労働省から福岡県の都道府県がん診療連携拠点病院に指定されました。九州大学病院がんセンターは地域がん診療連携拠点病院と共に、福岡県の「がん医療の均てん化」を推進するエンジン役になることを期待されています。

運営方針

「がん医療の均てん化」は、がん患者が全国どこでも適切ながん医療が受けられるようにわが国の施設を整備し、がん医療従事者に対する研修を強化することによって達成されます。2014年6月に見直しが行われた「がん対策推進基本計画」の大きな目標は、従来の「がんによる死亡者の減少」と「全てのがん患者とその家族の苦痛の軽減と療養生活の質の維持向上」の2つに「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」を新たに加え、これらを達成するために、重点的に取り組むべき事項として「放射線療法、化学療法、手術療法の更なる充実とこれらを専門的に行う医療従事者の育成」「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」「がん登録の推進」「働く世代や小児へのがん対策の充実」が掲げられています。九州大学病院がんセンターは、この4つの重点事項を九州大学病院の中で達成し、併せて福岡県内のがん医療行政の改善に力を注ぐことが求められています。

業務内容

九州大学病院がんセンターには 4つの下部組織があります。

■外来化学療法室では、各科からの化学療法の依頼が急速に増加し、年間利用者数は8,000人を超えるようになり2015年度から5床増床しました。

■がん相談支援センターの重要な業務は、院内・院外のがん患者家族からの治療や生活に関わるさまざまな相談と、退院支援の対応です。2010年度からは、がんの地域連携パスも開始しています。

■緩和ケアチームは、入院治療中のがん患者の身体的苦痛と精神的苦痛を軽減するために、幅広く院内の病棟を訪問し活動しています。最近は、各科からの依頼内容も多岐にわたるようになってきています。

■院内がん登録室は、年間約3,800例の新規がん患者について、国立がんセンターの定めた「標準的登録様式」に基づく正確ながん診療情報の収集を行っています。また、収集した情報は九州大学病院のがん診療実績としてホームページに公開しています。

院内活動の特色

九州大学病院内における「がん医療の均てん化」を推進するために、重要な役割を担っているのががん診療委員会です。この委員会には、17の臓器別専門部会があり、診療科の枠を越えてがんの治療方針などが討議されています。がんカンファレンスでは、院内・院外の医療者に呼びかけて、九州大学病院がんセミナーを定期的に開催しています。

地域活動の特色

福岡県の都道府県がん診療連携拠点病院として九州大学病院がんセンターの重要な業務は、福岡県がん診療連携協議会における活動です。九州大学病院はこの協議会で「研修・教育」を担当しています。この業務として、市民公開講座、医師に対する緩和ケア研修会、メディカルスタッフがん医療研修会、院内がん登録実務者研修会、薬薬連携セミナーなどを行っています。

ページの上部へ