HOME診療科のご案内中央診療施設>集中治療部

診療科のご案内

集中治療部


集中治療室

集中治療部は、院内で発生した重症患者の救命、大侵襲手術後患者の安全な周術期管理に努めています。


得意分野

呼吸・循環・体液・代謝の全身管理が必要な患者さんに対して、綿密なモニター下に人工呼吸器、体外循環、血液浄化など生命維持装置を駆使して、集学的治療を行っています。

診療方針

当該科の診療を集中治療部の専任スタッフが専門的立場から支援し、関連する臨床部署と緊密な連携をとりながら集学的治療が行えるように調整しています。医療安全に徹し、必要な判断、処置が迅速に行えるよう努めています。

対象疾患

■手術後予定入室:心臓手術、大血管手術、移植手術、開頭術、頭頸部手術、食道切除再建術、腹壁破裂、食道閉鎖術など

■緊急入室:救急蘇生後、意識障害、急性呼吸不全または慢性呼吸不全の急性増悪、急性心不全、腎不全、肝不全、重症敗血症、敗血症性ショックなど。

主な治療法

専門部署と連携し、生命に直結した全身管理を行っています。人工呼吸管理(肺保護戦略的アプローチ、非侵襲的陽圧換気法、呼吸理学療法)、循環管理(薬物療法、ペーシング、大動脈バルーンポンピング、経皮的人工心肺、左室補助装置など)、持続血液濾過透析、エンドトキシン吸着療法、脳低温療法など。


ページの上部へ