HOME診療科のご案内歯科系>小児歯科・スペシャルニーズ歯科

診療科のご案内

小児歯科・スペシャルニーズ歯科

診療科ホームページへ


全身麻酔の診療風景

当診療科は第3次医療機関として、一般開業歯科医院(小児歯科専門医院も含む)など、規模の限られた医療機関では対応が困難と判断されたこどもたちの診療に、もっとも力を注いでいます。また小児医療センターの一翼として、障がい児・者や有病児の口腔疾患の治療と予防にも積極的に努めています。
さらに詳しくお知りになりたい方は、このページ右上の “各診療科HPへ”をクリックしてください。


得意分野

成長発育期の新生児、乳幼児、学童児、青少年と障がい者(児)の口腔領域全体の、歯科疾患診断・予防・治療や口腔保健推進管理を行っています。中でも重い障がいや全身疾患があるハイリスクな患者さんに対する歯科治療(とくに全身麻酔下での治療)、口唇口蓋裂児への哺乳指導や継続的口腔管理に関しては、他科と連携し積極的に取り組んでいます。

診療体制

日本小児歯科学会や日本障害者歯科学会認定の指導医・専門医を中心に、より安全な診療体制をとっています。同時に、院内の他診療科や地域の一般開業医と連携をとりながら診療する体制もとっています。

診療方針

“親子とともに病と闘い、親子を支援する”をモットーとし、患者さんの基礎疾患・障がい・生活背景を正確に理解するよう徹底しています。そして、全身的な背景(基礎疾患・障がい)と口腔顎顔面領域に生じる疾患との関連を非常に重視しています。全身管理が必要な患者さんには、精神科神経科、子どものこころの診療部、小児科、小児外科、歯科麻酔科など他科と密に連携し、入院管理も含め安全に配慮したきめ細やかな対応を行っています。

対象疾患

口腔内感染症(う蝕・歯髄炎・顎骨炎・歯周炎など)、外傷、歯列咬合異常、口腔軟組織の疾患、過剰歯、埋伏歯、歯の先天性欠如、歯の形態異常や形成不全症、歯の萌出異常、口唇口蓋裂など[歯並びに対する治療や予防処置の一部などについては、保険診療対象外(自費診療)になります]

主な検査

■口の中・あご・顔面の病気や成長発育を調べるX線検査
むし歯の進行具合のほか、歯やあご・顔面の骨格などの成長発育に異常があるかないかを調べるために必要な検査です。このうち歯並びや噛みあわせを調べるための頭部エックス線規格撮影は、自費料金となります。

■過剰歯・埋伏歯の位置を詳細に調べるCT検査
過剰歯や埋伏歯の位置をより正確に把握し、最適な手術時期や手術方法を決めるために必要な検査です。

■病理組織検査
口の中・あご・顔面にできた病変の一部またはすべてを手術で切り取り、顕微鏡で詳しく調べます。病気の診断と治療方針・手術方法を決めるために必要な場合があります。

■むし歯(う蝕)になりやすいかどうかを調べる、う蝕リスク検査(自費料金となります)
唾液や歯についたプラークを採取し、その成分やむし歯菌について調べます。

■歯並びや噛みあわせを調べる模型分析(自費料金となります)

主な治療

■障がい児・者の歯科治療と口腔ケア

■全身麻酔下、または笑気吸入鎮静下での歯科治療全般

■口腔内感染病巣(おもにう蝕・歯髄炎・顎骨炎・歯周炎)の治療、およびそれら感染病巣の発生予防を目的とした口腔衛生管理

■唇顎口蓋裂児に対する哺乳指導・う蝕予防管理、および口唇形成術前の外鼻矯正

■小児過剰埋伏歯・小児顎骨のう胞性疾患・小児口腔粘膜疾患に対する治療

■乳歯や幼若永久歯の外傷に対する治療

■乳歯の早期喪失に対する保隙処置

■永久歯の萌出異常や萌出困難に対する外科的処置、および咬合誘導(小児矯正)

■摂食嚥下指導、口腔疾患予防システム(一部自費治療)

学会施設認定

日本小児歯科学会、日本障害者歯科学会

ページの上部へ