HOME診療科のご案内歯科系>歯内治療科

診療科のご案内

歯内治療科

診療科ホームページへ


歯科用実体顕微鏡を用いた根管治療

最も一般的な歯の疾患である、う蝕を含む硬組織疾患がある歯の修復治療・抜髄・感染根管治療・外科的歯内療法・変色歯の治療などを行っています。当科では、「生涯を通して自分の歯で噛む」ことができるような口腔機能の健康維持に努めています。


得意分野

■う蝕治療:冷たいもの・熱いものにしみる歯や、う蝕により実質欠損を生じた歯の治療を行っています。う蝕病巣除去後の充填修復には、前歯ではレジンを臼歯では金属を主に使用しますが、臼歯にも歯と同じ色の修復材を使用することも可能です。

■歯内治療:歯髄炎や根尖性歯周炎の診断と治療を行っています。複雑な根管形態に対応するために、歯科用手術顕微鏡を用い根管治療の確実性を高めるとともに、根尖病変が消退しない症例に対しては症例ごとに最も適切な外科的歯内療法を併用することで、根尖周囲組織の機能と健康の維持を図っています。

■ホワイトニング治療:歯の色に関する悩みに対して最新の機器を用いて診査を行い、漂白法・レジンボンディング法・ラミネートベニア法などから最適の方法を用いて治療を行っています。

診療体制

日本歯科保存学会指導医2名・専門医4名、日本歯内療法学会専門医2名、日本レーザー歯学会認定医2名を中心に診療体制を組んでいます。

診療方針

「なるべく歯を削らない」「なるべく神経(歯髄)を取らない」「なるべく歯を抜かない」、を当科の治療方針としています。

対象疾患

知覚過敏、う蝕、歯髄炎、根尖性歯周炎、内歯ろう、外歯ろう、歯根のう胞、歯根肉芽腫、変色歯、歯牙破折、歯根破折、正中離開、修復物脱離、咬耗歯、穿孔歯

主な検査

■X線検査

■CBCT検査

主な治療

■う蝕治療:レジン充填、(ハイブリット)セラミックインレー、メタルインレー

■歯内治療:抜髄、感染根管治療、根管充填、覆髄

■ホワイトニング治療:漂白法(ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、ウォーキングブリーチ)、レジンボンディング法、ラミネートベニア、ホワイトコーティング

■外科的治療法:歯根尖切除術、歯根尖切除術、ヘミセクション、歯根分離法

■その他:再植法、歯科用実体顕微鏡を用いた治療、YAGレーザーを用いた治療

学会施設認定

日本歯科保存学会、日本歯内療法学会

ページの上部へ