HOME診療科のご案内歯科系>義歯補綴科

診療科のご案内

義歯補綴科

診療科ホームページへ


義歯とインプラント(左) ・ 診療風景(右)

義歯やインプラントにより、歯や顎骨の欠損による機能障害や審美障害の治療(オーラル・リハビリテーション)を行っています。咬合の問題や顎関節症に対応します。


得意分野

義歯(入れ歯)をはじめとするさまざまな補綴装置(ほてつそうち)を用いて咬合(歯と歯のかみ合わせ)や咀しゃく(食品を噛み砕くこと)を回復するための治療(=補綴治療)を行っています。う蝕、歯周病、外傷、口腔悪性腫瘍、唇顎口蓋裂、顎変形症などによって生じる歯顎口腔顔面領域の咀しゃく・嚥下障害、構音障害、形態異常、顎関節症、審美障害に対する診断、補綴装置を用いた治療とリハビリテーションを行っています。

診療体制

日本補綴歯科学会の専門医・指導医と、日本口腔インプラント学会、日本顎関節学会、日本老年歯科医学会、日本顎顔面補綴学会・日本口腔顔面痛学会の認定医・指導医が専門的な治療にあたっています。インプラント外来、顎関節症外来、顎顔面補綴外来、睡眠無呼吸症歯科外来、スポーツ歯科外来を実施しています。初診時には検査・応急処置のみとなる場合があります。インプラント治療は、相談時から健康保険の対象外となります。

診療方針

単なる患歯の治療だけでなく、各診療科と連携しながら一口腔単位で総合的な検査を行い、治療計画を提示します。補綴治療は治療期間が長く、保険外治療を含めて治療費が高額となる場合が多いので、明確な説明を行い、治療に同意を得た上で診療を開始することを基本方針としています。

対象疾患

う蝕、歯周病、外傷などによって生じる歯顎口腔領域の咀しゃく、嚥下、構音などの機能障害、審美障害、形態異常、顎関節症や口腔顔面痛に対する診断、補綴装置を用いた治療とリハビリテーション。ブラキシズム(歯ぎしり、口腔習癖)、睡眠時無呼吸症候群(口腔内装置作製)など。

主な検査

■インプラント検査:補綴治療終了時のイメージを術前模型上に作製し、CT写真上に再現することで、より詳細な手術計画が立てられます。

■顎関節症検査:咀しゃく筋・顎関節の圧痛検査、顎運動検査、咬合検査、顎関節・顎のX線検査、心理学的検査、神経学的なスクリーニング検査など

■顎口腔機能検査:咀しゃく能率検査などの各種口腔機能のスクリーニング検査や精密検査

主な治療

 歯冠修復と全部・部分床義歯による一般的な歯科補綴治療、インプラント補綴治療(再生治療を含む)、補綴前歯周外科、高齢者の特徴を考慮した補綴治療(入院可)、顎関節症に対する保存的治療、口腔腫瘍、口唇口蓋裂の方に対する顎顔面補綴治療、ブラキシズム、睡眠時無呼吸症候群の口腔内デバイスによる治療、スポーツ歯科(マウスガード)など。

高度・先進医療

インプラント義歯

学会施設認定

日本補綴歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本顎関節学会

ページの上部へ