HOME診療科のご案内歯科系>口腔画像診断科

診療科のご案内

口腔画像診断科

診療科ホームページへ


歯科用CT(左図)と内視鏡検査(右図)

当科は口腔、顎顔面、頭頸部の疾患に対する画像検査と診断が専門です。任意断面再構成画像や3次元表示画像も作成します。唾液腺に対する低侵襲性治療、放射線治療後の口腔内管理なども行っています。


得意分野

口腔・顎骨・顔面・頸部領域の病変や、咬合・咀しゃく・嚥下にかかわる疾患に対する各種画像検査(「主な検査」参照)と診断を行っています。CT検査では精密なスキャンと再構成画像作成により、疾患の鑑別や原因の特定を行います。悪性腫瘍ではCTで検出されるリンパ節に対し、さらに超音波による精密検査を行います。放射線部と共同で口腔癌に対し、放射線障害防止のためのスぺーサーを応用した放射線治療と患者さんの口腔内管理を行っています。画像検査手技を応用した低侵襲性治療(Interventional Radiology)も行っています。

診療体制

日本歯科放射線学会の指導医および専門医5名が専門的な診療にあたっています。

診療方針

口腔・顎骨・顔面・頸部領域のあらゆる疾患に対して、高精細、かつ効率的で高度な画像検査と正確な診断を常に目標としています。また、他医療機関からの一般X線撮影や画像検査依頼も受け入れており、依頼医のニーズに合わせたきめ細かな検査と正確な診断を行います。

対象疾患

口腔・顎骨・顔面・頸部領域の腫瘍・炎症・外傷・のう胞・奇形・変形など、あらゆる疾患を対象としています。

主な検査

■一般X線撮影検査:歯・顎の他、頭部規格撮影などの一般撮影検査

■CT検査:口腔・顎骨・顔面・頸部領域の疾患に対するCT検査。医科用および歯科用(コーンビーム)CTを利用したインプラント検査

■超音波検査:頭頸部領域の軟組織疾患に対する超音波検査

■MRI診断:口腔・顎骨・顔面・頸部領域の疾患に対するMRI画像の読影・診断

■造影検査:唾液腺疾患に対する、専用のカテーテルを挿入して行う唾液腺造影検査。摂食・嚥下機能を評価するための咽頭造影検査

■内視鏡検査:唾石などの閉塞性唾液腺疾患の診断と治療のための内視鏡検査

主な治療

■頭頸部腫瘍に対する放射線治療患者の口腔管理

■唾液腺内視鏡視下唾石摘出術:侵襲の少ない唾石摘出術

■慢性唾液腺炎の導管洗浄術、導管拡張術

学会施設認定

日本歯科放射線学会

ページの上部へ