HOME診療科のご案内歯科系>高齢者歯科・全身管理歯科

診療科のご案内

高齢者歯科・全身管理歯科

診療科ホームページへ


医科主治医スタンバイ下で行う歯科治療

歯科治療を行う上で問題となる基礎疾患がある患者さんが来院します。入院または通院で、内科的な治療中や外科的な手術前後の患者さんに対し、医科と連携を取りながら、一口腔単位の歯科治療を行っています。


得意分野

医科主治医と連携を取りながら、抜歯、保存治療、補綴治療など歯科治療全般を行い、患者さんの口腔機能の回復と維持を目指しています。また入院患者さんへの往診による口腔ケアの支援、重症感染症の患者さんの歯科治療にも取り組んでいます。

診療体制

日本口腔外科学会指導医の部長を中心に、スタッフ全員がチームを組んで一口腔単位の歯科治療を行っています。医科から紹介された患者さんは、診査の後で必要があれば応急処置を行います。その後の治療は医科主治医とさまざまな点について協議を行ったうえで、次回から計画診療に入ります。

診療方針

患者さんの医科での治療進行に合わせて、体調や臨床データに配慮しながら歯科治療を進めていきます。口腔内感染源の除去と口腔機能の維持に重点を置き、安全で患者さん中心の歯科医療を実践するため、カンファレンスで治療方針を検討しながら診療に取り組んでいます。

対象疾患

基礎疾患がある患者さんの歯科治療全般に対応しますが、特に弁置換術、冠動脈バイパス術、化学療法、放射線療法、臓器移植などの術前に口腔内感染源を精査し、感染源の除去と咀しゃく機能の回復、専門的口腔ケアと口腔衛生指導を行います。がんの治療中に発症する口腔粘膜障害の予防と治療を往診で行います。

主な検査

■X線検査:歯科用口内撮影法、パノラマX線写真、顎関節撮影
Water's撮影法(上顎洞炎)、CT(顎骨病変)

■歯周組織検査:歯周ポケットの深さ、出血、排膿、動揺度

■細菌簡易培養:口腔カンジダ検査

主な治療

■一般歯科治療:う蝕治療、歯周基本治療、補綴治療(クラウン・ブリッジ、義歯)

■口腔外科小手術:抜歯、歯根端切除術、小帯手術、歯槽骨整形など

■レーザー治療:口腔粘膜障害、消炎処置、知覚過敏

学会施設認定

日本有病者歯科医療学会

ページの上部へ