HOME診療科のご案内外科系>乳腺外科(1)

診療科のご案内

乳腺外科(1)

診療科ホームページへ


内視鏡下乳腺手術

乳腺外科(1)では、世界のデータとガイドラインに基づいて、病状に応じた適切な治療法を提案します。手術療法・化学療法・放射線療法・免疫療法などの治療法を組み合わせたチーム医療と医療連携で、個人を尊重したがん治療を目指します。


得意分野

乳がんに対する乳房温存術、センチネルリンパ節生検、乳房切除・再建術、鏡視下手術など、根治性と低侵襲性の両立を目指しています。乳腺良性腫瘍に対する摘出術も行います。

診療体制

日本乳癌学会認定医・専門医・指導医などの専門のスタッフが、十分な知識と技術をもって診療にあたっています。

診療方針

患者さん一人ひとりに対して、主治医・担当医を中心に、全スタッフが診療にあたるグループ診療を基本としています。治療の開始にあたっては、手術や化学療法、放射線療法などについて充分な説明を心がけ、インフォームドコンセントの原則のもと、患者さんに十分な理解と了承を得られるよう、留意しています。

対象疾患

乳がん、乳腺良性腫瘍など

主な検査

マンモグラフィ、超音波検査、穿刺吸引細胞診、CT、乳腺MRI、骨シンチ、PET、骨塩定量、針生検など

主な治療

■手術:乳房温存術、センチネルリンパ節生検、乳房切除・再建術、鏡視下手術など

■化学療法(術前・後、進行・再発に対して)

■内分泌療法

■分子標的治療

■遺伝カウンセリング

学会施設認定

日本外科学会、日本乳癌学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本人類遺伝学会

ページの上部へ