HOME診療科のご案内外科系>血管外科

診療科のご案内

血管外科

診療科ホームページへ


血管外科で取り扱う主な疾患

血管外科は主に動脈りゅう(胸腹部、腹部、末梢血管)、動脈閉塞(慢性閉塞、急性閉塞)や下肢静脈りゅうの治療を担当しています。


得意分野

動脈りゅう(胸部、腹部)に対するステントグラフト治療や人工血管置換術、下肢動脈閉塞に対するカテーテル治療やバイパス手術、下肢静脈りゅうに対するレーザー治療、ストリッピング手術を行っています。

診療体制

日本外科学会専門医・指導医、日本心臓血管外科専門医・修練指導医、関連10学会構成ステントグラフト実施基準管理委員会認定胸部・腹部大動脈ステントグラフト指導医、脈管学会専門医、日本血管外科学会認定血管内治療認定医が診療にあたっています。

診療方針

患者さんの身体に、より負担の少ない最新の治療法を積極的に取り入れています。患者さんの病態、治療の必要性や治療のタイミングを十分説明した上で、それぞれの患者さんの病態に応じた最適の治療を実践しています。

対象疾患

大動脈りゅう、動脈閉塞、下肢静脈りゅう

主な検査

上下肢血圧比(ABI)、趾尖脈波(TBI)、皮膚還流圧(SPP)、レーザードップラー、下肢血管エコー、血管造影

主な治療

■胸部・腹部大動脈りゅうに対するステントグラフトや人工血管置換術、下肢動脈閉塞に対するカテーテル治療やバイパス手術、下肢静脈りゅうに対するレーザー治療、ストリッピング手術など短期入院での治療を行っています。

学会施設認定

心臓血管外科専門医認定修練施設
胸部・腹部大動脈ステントグラフト指導医在籍施設

ページの上部へ