HOME診療科のご案内外科系>眼科

診療科のご案内

眼科

診療科ホームページへ


顕微鏡を使用した手術

眼科は、九州地方のみならず西日本各地から患者さんが紹介されるため、難治性の疾患や希少な疾患にも対応すべく、経験が豊富なスタッフ(専門医)を多数擁しています。他科とも密に連携をとりながら、眼科全般にわたる診療を行っています。日常の診療においては、患者さんが安心して良質かつ高度な医療を受けられるように、同一症例に対して複数の医師による診察を行っています。


得意分野

加齢黄斑変性、網膜色素変性などを含めた網膜硝子体疾患、緑内障、ぶどう膜炎、眼部腫瘍、遺伝性眼疾患、未熟児網膜症、角膜疾患などの診療に力を入れています。特に網膜硝子体疾患、ぶどう膜炎、眼部腫瘍においては、最先端の診断技術とともに、最新で安全な治療法を提供させて頂いており、良好な治療成績を得ています。

診療体制

日本眼科学会認定眼科専門医が中心となって診療にあたっています。難しい疾患に関しては、その場で複数の医師が話し合い、正確かつ迅速な診断と治療を目指しています。また地域医療機関と密接に連携し、治療を円滑にできるような体制をとっています。緊急性が高い場合は、可及的速やかに入院できるようにしています。

診療方針

患者さんに対しては、できるだけわかりやすい言葉で、丁寧に説明するよう心掛けています。日々の診療では、最新検査機器を用いるなど、複数の検査を組み合わせることで客観的な評価による診断と病期の判定を行い、個々の症例に応じた治療を行っています。

対象疾患

加齢黄斑変性、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑円孔、黄斑上膜、増殖硝子体網膜症など)、ぶどう膜炎、眼部腫瘍、網膜色素変性、緑内障、白内障、小児眼疾患(未熟児網膜症、斜視など)、角膜疾患

主な検査

光干渉断層計(OCT)検査、レーザー赤外眼底造影検査、多局所網膜電図、角膜形状解析検査、静的・動的視野検査、レーザースペックル血流計、マイクロペリメータ、超音波生体顕微鏡検査など

主な治療

■加齢黄斑変性:抗VEGF薬硝子体注射、光線力学療法(PDT)、レーザー光凝固など

■糖尿病網膜症(黄斑浮腫):小切開無縫合硝子体手術、抗VEGF薬硝子体注射など

■ぶどう膜炎:コルヒチン、シクロスポリン、低容量ステロイド、インフリキシマブ治療、硝子体手術など

■眼部腫瘍:眼内腫瘍の眼球温存療法、局所抗がん剤治療、サイバーナイフ治療など

学会施設認定

日本眼科学会専門医制度研修施設

ページの上部へ