HOME診療科のご案内外科系>小児外科、成育外科、小腸移植外科

診療科のご案内

小児外科、成育外科、小腸移植外科

診療科ホームページへ


小児に対する生体部分肝移植

我々は「こどもを安心してまかせられる外科医」をモットーとし、小児の手術を必要とする病気を広く取り扱っています。対象年齢は胎児(出生前診断例)から16歳までが主な対象ですが、小児外科特有の病気は大人になっても診療を継続します。


得意分野

新生児外科、小児肝・小腸移植、小児消化器外科、小児呼吸器外科、小児固形腫瘍、小児泌尿器外科、小児そ径部疾患(そ径ヘルニア、陰のう水腫)

診療体制

小児外科では疾患別に診療にあたっています

  • 新生児・呼吸器・輸液栄養代謝グループ
  • 肝胆道・移植グループ
  • 小児腫瘍グループ
  • 小児漢方グループ
  • 消化管機能・低侵襲治療グループ
  • 小児泌尿器グループ
  • 小児外科日常疾患グループ

診療方針

■専門医による診療
外科治療が必要な小児の治療に対して、十分な修練を受けた小児外科専門医が担当します。

■出生前から始まる診療
出生前診断された胎児の診療のために総合周産期母子医療センターがあります。ここでは産科・新生児内科・新生児外科の医師が協力して出生前診断された胎児・新生児の診療にあたります。

■Quality of Lifeを考慮した診療
“Quality of Life”とは「生活・人生の質」を意味します。病気が治った後はできるかぎり普通の生活に戻れるように考慮した治療を選択するように心がけています。

対象疾患

■頭部・顔面:副耳、耳前瘻  ■口:舌小帯短縮症

■頸部:正中頸のう胞、側頸ろう、梨状窩瘻、リンパ管腫、血管腫 ■ 胸壁:漏斗胸

■呼吸器:肺のう胞、肺分画症、先天性気管狭窄症、気管軟化症、異物の誤嚥・誤飲

■食道:異物の誤嚥・誤飲、胃食道逆流症、先天性食道閉鎖症、食道狭窄症

■横隔膜:横隔膜ヘルニア、食道裂孔ヘルニア

■肝臓・胆道:胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、胆石症、門脈圧亢進症、脾腫

■消化管:異物の誤嚥・誤飲、胃潰瘍、肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転、消化管穿孔、腸閉鎖症、腸回転異常症、腸重積症、メッケル憩室、腸管重複症、腸閉塞、ヒルシュスプルング症、直腸肛門奇形、肛門周囲膿瘍・乳児痔ろう、裂肛、便秘、急性虫垂炎、腸炎、壊死性腸炎、胎便性腹膜炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管ポリープ

■膵臓:膵炎、膵のう胞

■腹壁・臍:臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、臍腸瘻、尿膜管遺残、臍炎・臍肉芽腫

■そ径部・精巣:そ径ヘルニア、陰のう水腫・精索水腫・ヌック管水腫、停留精巣、精巣捻転症(睾丸捻転症)

■泌尿生殖器:水腎・水尿管症、膀胱尿管逆流症、先天性腎疾患、腎のう胞、包茎

■腫瘍:神経芽腫、腎腫瘍、肝腫瘍、胚細胞腫瘍(奇形腫)、横紋筋肉腫、肺腫瘍、膵腫瘍

主な検査

栄養評価・成長評価、消化管造影、内視鏡検査、超音波(ドップラーを含む)検査、マルチスライスCT・MRI、ポジトロンCT検査、消化管内圧検査、食道pH検査、直腸粘膜生検

主な治療

臓器移植(肝移植・小腸移植) 腫瘍の集学的治療
新生児外科治療 低侵襲外科手術(内視鏡外科手術)

学会施設認定

日本小児外科学会専門医認定施設、脳死小腸移植認定施設

ページの上部へ