HOME診療科のご案内外科系>形成外科

診療科のご案内

形成外科

診療科ホームページへ


顕微鏡を用いた血管吻合術

形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、患者さんの生活の質 "Quality of Life"(QOL)の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
腫瘍切除後の再建、顔面骨骨折などの外傷、先天異常、瘢痕拘縮、ケロイド、顔面神経麻痺、難治性潰瘍、リンパ浮腫の治療など、幅広い領域の治療を行っています。


得意分野

■自家遊離組織移植

頭頸部や四肢の広範腫瘍切除後に自家遊離組織移植(皮膚軟部組織や腸管、骨の移植)を用いて、術後の機能、形態の喪失を抑え、QOLの向上に貢献します。

■リンパ浮腫

婦人科疾患治療後の晩期合併症である下肢リンパ浮腫に対してもリンパ管静脈吻合し、治療を行います。

■顔面骨骨折(眼窩骨・上顎骨・頬骨)に対する整復術を行います。

診療体制

■日本形成外科専門医 2名
初診・再診ともに月・水・金曜日の午前(初診は紹介状が必要)で、完全予約制 です。
顔面骨外傷など緊急の疾患は救急部・麻酔科と協力し迅速に対応いたします。

診療方針

1.特に外科治療を受ける患者さんの術後の生活の質をできるだけ維持するための医療を提供する。

2.患者さん一人ひとりに応じた安全で効果的な治療を提供する。

3.全国的・国際的な評価にも耐えうる高度、先進的な医療を提供する。

4.地域の形成外科医療に貢献する。

※九州大学形成外科では基本的に自費診療での治療・美容形成手術は行っていません。

対象疾患

悪性腫瘍切除後の再建(頭頸部・四肢・体幹・乳房)、外傷(顔面骨折・切断指・重症軟部組織損傷・熱傷・瘢痕(外傷、手術創治癒後)・ケロイド)、先天性疾患(小耳症・頭蓋骨顔面骨形成異常・唇裂・口蓋裂・多指症)、さまざまな治療、疾患に伴うもの(四肢のリンパ浮腫・難治性潰瘍・放射性骨髄炎・腹壁瘢痕ヘルニア)、良性腫瘍、血管腫、リンパ管腫、眼瞼下垂症、顔面神経麻痺など

主な検査

超音波・内視鏡・透視・CT・MRI・シンチグラフィー・ICG検査(リンパの流れの検査)・病理検査

主な治療

■遊離皮弁による再建術(頭頸部・四肢・体幹・乳房)

■外傷(顔面骨折整復術・顔面骨骨切り術・切断指再接着・植皮術・瘢痕拘縮形成術)

■先天性疾患(ティッシューエキスパンダ―肋軟骨移植による小耳症手術・頭蓋骨顔面骨形成術・唇裂口蓋裂手術・腱移行術)

■さまざまな治療、疾患に伴うもの(リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術・持続陰圧治療・血管柄付き遊離骨移植術・腹壁瘢痕ヘルニア再建術)

■眼瞼下垂症手術、顔面神経麻痺に対する動的再建

学会施設認定

日本形成外科学会認定施設

ページの上部へ