HOME診療科のご案内内科系>消化管内科

診療科のご案内

消化管内科

診療科ホームページへ


消化管内視鏡検査

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の病気の診断と治療を行っています。特に消化管の悪性疾患の診断・治療とクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の最新治療を行っています。更に遺伝性消化管疾患の遺伝子診断も行っています。


得意分野

逆流性食道炎や食道アカラシアなど食道の病気の診断と治療、ヘリコバクター・ピロリ菌に関連した胃の病気の診断と治療、消化管腫瘍(腺腫や癌)の診断と内視鏡治療、家族性大腸腺腫症の遺伝子診断、小腸腫瘍や小腸炎のX線・内視鏡診断(カプセル内視鏡、ダブルバルーン内視鏡を含む)、クローン病、潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患の分子標的治療などを取り扱っています。

診療体制

日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、専門医を中心とし、専門的な外来および入院診療を行っています。難治性疾患を取り扱うため、外来医師と病棟担当医との連携を大切にしています。さらに、消化器外科と密な連携をとりながら、消化管疾患の総合的な診療を行っています。

診療方針

慢性炎症性腸疾患では患者さんとの対話を重視しながら適切な治療選択を行い、一人ひとりの患者さんの生活の質が向上するよう心がけています。どのような疾患でも、患者さんに十分な理解を頂くよう説明し、最適な治療を行っています。十分な説明と納得のいく医療の提供を心がけています。

対象疾患

■食道の病気:食道癌、逆流性食道炎、食道ポリープ、アカラシアなど

■胃、十二指腸の病気:胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃・十二指腸ポリープ、胃癌、悪性リンパ腫など

■小腸の病気:小腸ポリープ・ポリポーシス、小腸癌、悪性リンパ腫、クローン病など

■大腸の病気:大腸ポリープ・ポリポーシス、大腸癌、クローン病、潰瘍性大腸炎など

■その他:全身性の病気における消化管の病変

主な検査

上下部消化管X線検査、上下部消化管内視鏡検査、超音波内視鏡検査、拡大内視鏡検査、画像強調内視鏡検査、超音波ガイド下穿刺吸引細胞診、ダブルバルーン小腸内視鏡検査、カプセル内視鏡検査

主な治療

■内視鏡治療

  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)・内視鏡的粘膜切除術(EMR)
    食道癌、胃癌、大腸癌
  • 内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)
    食道・胃・十二指腸・大腸ポリープ
  • 内視鏡的止血術
    消化管出血
  • 内視鏡的狭窄拡張術
    アカラシア、小腸狭窄

■クローン病・潰瘍性大腸炎の免疫治療

  • 抗サイトカイン療法(抗TNF抗体療法)
  • 免疫調節薬治療
  • 白血球除去療法

学会施設認定

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会、日本カプセル内視鏡学会

ページの上部へ