HOME診療科のご案内内科系>内分泌代謝・糖尿病内科

診療科のご案内

内分泌代謝・糖尿病内科

診療科ホームページへ


甲状腺腫瘍に対する穿刺吸引細胞診

内分泌代謝・糖尿病内科では、内分泌疾患、糖尿病、生活習慣病の診療を中心に最新の知見に基づく診断・治療を行っています。


得意分野

■内分泌代謝:下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌疾患の診療に加えて、肥満症、内分泌性高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症などの生活習慣病に対する診断・治療を行っています。

■糖尿病:食事療法、経口糖尿病薬、GLP-1アナログ、インスリンなどによる血糖コントロール、糖尿病の合併症評価のほか、短期教育入院コースも行っています。糖尿病に伴う動脈硬化進行度の判定や人工膵臓を用いたインスリン抵抗性の評価も行っています。

診療体制

日本内分泌学会専門医、日本糖尿病学会専門医、日本老年医学専門医などの資格を有する医師が専門的な診療を行っています。長期間にわたるフォローが必要なことが多く、病診連携を行いながら、患者さんに充分な理解が得られるように説明し、それぞれの病態に応じた診療を行っています。

診療方針

内分泌代謝領域ではわが国有数の専門施設として様々なホルモンの病気の診断、診療に従事し、外科、脳神経外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科と連携の上、最善の治療を行うよう努力しています。また、生活習慣病の背景として内分泌代謝学的成因が深く関わっていることが近年、明らかになってきており、これら生活習慣病の診断、治療などにも力を注いでいます。糖尿病は、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士、看護師、管理栄養士、薬剤師の専門チームで診療しています。糖尿病合併症の評価および治療にも積極的に取り組んでおり、患者さんの生活の質が向上するよう努めています。

対象疾患

■内分泌代謝:下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌疾患、肥満症、内分泌性高血圧、高脂血症、脂質異常症、骨粗鬆症等の生活習慣病

■糖尿病:1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、膵性糖尿病、遺伝子異常による糖尿病、低血糖症

主な検査

  • ■頭頸部CT、頭頸部MRI
  • ■頸部エコー
    (甲状腺、副甲状腺、頸動脈)
  • ■甲状腺細胞診
  • ■体部CT、体部MRI
  • ■甲状腺シンチ、副甲状腺シンチ
    副腎シンチ
  • ■骨密度測定
  • ■各種負荷試験
  • ■精密体脂肪測定
  • ■インスリン分泌能検査
    インスリン抵抗性検査
  • ■持続血糖測定モニタリング(CGMS)
  • ■人工膵臓
  • ■遺伝子検査
  • ■神経伝導速度検査
    精密振動覚閾値検査
    自律神経機能検査
  • ■大動脈脈波伝播速度測定(PWV)、ABI、CAVI、血管内皮機能検査(Endo-PAT)
    頸動脈エコー
  • ■眼底写真検査

主な治療

内分泌代謝:ホルモン補充療法、各種薬物療法(ソフトスタチンアナログ、ペグビソマント、カベルゴリンなど)、バセドウ病眼症に対するステロイドパルス・放射線療法、甲状腺癌に対する放射線ヨード治療
糖尿病:糖尿病教室、食事療法、運動療法、血糖降下薬内服治療、インスリン治療、持続的皮下インクレチン治療、インスリン注入療法、合併症の治療

学会施設認定

日本内科学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本老年医学会

ページの上部へ