HOME診療科のご案内内科系>神経内科

診療科のご案内

神経内科

診療科ホームページへ


脳磁図による解析

神経内科の担当領域は、認知症、脳卒中、てんかん、頭痛などの頻度の高い神経疾患から多発性硬化症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病まで多岐にわたり、最先端の医療を行っています。


得意分野

脳卒中、脳炎・髄膜炎、てんかん重積などの救急診療に積極的に取り組んでいます。多発性硬化症などの免疫性神経疾患にさまざまな免疫療法を実施し、大きな成果をあげています。ブレインセンターで脳機能の総合的評価を行い、脳磁図を用いたてんかんや認知症などの脳機能解析を最新機器を用いて取り組んでいます。

診療体制

日本神経学会認定神経内科専門医20名(教員・医員など)が専門的な診療に当たっています。認知症疾患医療センターでの認知症専門外来や24時間体制での脳卒中ホットラインを共同で実施しています。福岡県重症神経難病ネットワークの拠点病院として、神経難病患者さんの療養環境整備に取り組んでいます。難病相談支援センターでは、難病患者さんの療養相談や就労支援を行っています。

診療方針

患者さんにやさしい診療、丁寧な診察とわかりやすい説明を診療の基本方針としています。最先端の神経内科医療を提供し、地域医療機関と連携した療養環境整備を実施します。

対象疾患

神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など)、感染性疾患(脳炎、髄膜炎など)、脳血管障害、その他(てんかん、頭痛、筋ジストロフィーなど)

主な検査

■神経伝導検査、筋電図、大脳誘発電位、脳磁図、脳波

■長期脳波ビデオ同時記録検査、終夜睡眠ポリグラフィ

■神経画像検査

■頸動脈エコー、高次脳機能検査、自律神経機能検査

■髄液検査、筋肉・末梢神経生検、遺伝子検査、特殊抗体検査

主な治療

■免疫性神経疾患:免疫グロブリン大量静注療法、血しょう交換療法、ステロイド大量静注療法、インターフェロン、免疫抑制薬

■脳梗塞:超急性期血栓溶解、抗凝固・抗血小板療法

■眼瞼けいれん、顔面けいれん、痙性斜頸、上肢、下肢痙縮に対するボツリヌス毒素局注療法

■パーキンソン病:レボドパ、ドパミン受容体刺激薬等

■アルツハイマー病:ドネペジル、メマンチン、ガランタミン、リバスチグミン

■筋萎縮性側索硬化症:リルゾール

■片頭痛:トリプタン製剤

■てんかん:抗てんかん薬、脳神経外科と共同でてんかん外科手術

学会施設認定

日本神経学会、日本内科学会、日本神経免疫学会、日本脳卒中学会、日本頭痛学会、日本認知症学会、日本末梢神経学会

ページの上部へ