HOME診療科のご案内内科系>先端分子・細胞治療科

診療科のご案内

先端分子・細胞治療科


九州大学病院分子・細胞調製センターでの
免疫細胞の調製

悪性腫瘍に対する免疫・細胞療法、遺伝子治療や再生医療の臨床への導入を目的に、基礎ならびに臨床研究を九州大学病院各診療科との連携のもとに行っています。これらの研究はトランスレーショナルリサーチ( TR )と呼ばれ、既存の治療法に不応となった多くの悪性腫瘍の患者さんへの速やかな医療的還元をめざしています。


得意分野

悪性腫瘍に対する免疫・細胞療法、遺伝子治療
造血器疾患に対する再生医療(研究レベル)
血液・固形腫瘍に対する一般的治療

診療体制

日本血液学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・認定医、がん治療認定医、日本消化器学会専門医、日本肝臓学会専門医などが専門的な診療を行っています。とくに臨床試験はARO次世代医療センター(治験コーディネータ)、生体防御医学研究所ゲノム病態学分野の協力を得て実施し、後者で使用される細胞は専門の施設(九州大学病院分子・細胞調製センター)で作られています。

診療方針

各疾患の専門家との綿密な連携のうえで患者さんにとって最善の治療を行うとともに、精神的なケアに関しても専門スタッフの協力を得ながら充分配慮した医療を実施しています。同時に九州大学はもとより海外で開発された最先端の分子標的療法、免疫細胞療法ならびに遺伝子治療法などの新規治療法を速やかに臨床応用できるように最新の情報を収集し、基礎ならびに臨床試験・医師主導治験を実施しています。

対象疾患

■ 臨床試験:難治性の血液・固形腫瘍患者

■ 一般診療:血液疾患、消化器・呼吸器疾患、一般内科疾患

主な検査

■ 臨床研究:遺伝子発現検査、悪性腫瘍遺伝子検査など、腫瘍免疫検査

■ 一般血液診療:血液像検査、骨髄穿刺検査など

■ CT、PET-CT、MRI:内視鏡検査

主な治療

現在、登録中の臨床試験が中心で、対象疾患は標準治療を終了した担がん患者さんになります。臨床試験には免疫学的作用を期待した化学療法、新規がん遺伝子を標的としたワクチン療法、もしくは細胞療法などからなる免疫療法が含まれますが、これに前後して化学療法として第二選択、第三選択の抗がん剤の組み合わせおよび新規承認された分子標的薬を併用する場合があります。

学会施設認定

日本血液学会、日本臨床腫瘍学会、日本内科学

ページの上部へ