HOME診療科のご案内本院の先進医療ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法

診療科のご案内

ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法

対象となる疾患

肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る)

治療法の特徴・概要

PEM(ペメトレキセド)+CDDP(シスプラチン)併用療法は、まず1日目にPEM500mg/m2とCDDP75 mg/m2を投与し、その後3週ごとに計4回投与します。進行非扁平上皮非小細胞肺癌への有効性や安全性が確立した治療で、さらに術後補助化学療法としても期待されている治療法です。

名称 診療科名 算定承認日 実施件数
ペメトレキセド静脈内投与及び
シスプラチン静脈内投与の併用療法
3,000円/サイクル(4サイクル)
呼吸器科
呼吸器外科
(第二外科)
平成25年11月1日承認 1件

(平成28年12月31日現在)

ページの上部へ