HOME診療科のご案内院内措置施設>周術期口腔ケアセンター

診療科のご案内

周術期口腔ケアセンター


周術期口腔ケアセンター診療風景

周術期とは入院・手術・回復からなる治療前後を含めた一連の期間を言います。この期間は、口の中が不潔であれば手術創の治りが遅れたり、歯垢や食べ物が誤って気管に流れて肺炎を起こしたり、いろいろな合併症を起こします。周術期口腔ケアセンターでは、このような合併症の予防を目的として、がんを主としたさまざまな病気の治療(手術、化学療法や放射線治療)、移植や心臓外科手術の患者さんに対して外来・入院期間の口腔ケアを行います。


得意分野

手術や治療の前後に口腔診査を行い、以下の3項目を中心に治療の妨げになるような口腔疾患の治療を行います。

1)感染源の除去:専門スタッフ(歯科医および歯科衛生士)による徹底的な歯垢・歯石除去、口腔粘膜の清掃、ブラッシング・保湿・うがい指導など

2)ぐらつく歯の固定:全身麻酔の際、チューブなどで歯が抜け落ちるのを予防

3)一般歯科治療、口腔外科治療

診療体制

■月曜〜金曜に口腔総合診療科や高齢者歯科・全身管理歯科のスタッフが診療を行い、必要に応じて歯科部門・専門診療科と連携します。

■周術期支援センターと連携して、術前検査や治療スケジュールに合わせて外来・入院下の口腔ケアを一貫して行います。術後は病棟へ往診も行っています。退院後も、当センターまたは地域歯科医院での連携治療を行います。

■一般の入院患者さんでも、依頼によって当センターの口腔ケア支援チームが往診します。

診療方針

■細菌が常在する口の中を清潔にし、手術や麻酔により起こる合併症の防止に努めます。

■九州大学病院に入院した患者さんの、口の管理を行います。

主な検査

■ X線検査:口内・口外撮影法により、歯周病やう蝕、顎骨の病巣を調べ、手術、放射 線治療、化学療法を円滑に行える状態であるか診査します。

■歯周組織検査:歯のぐらつきの程度、歯周ポケットの深さなどを診査します。

■細菌検査:入院治療に伴い、口の中の細菌が増加することがあります。細菌を検査して、早期対応や予防法を提案します。

ページの上部へ