HOME診療科のご案内院内措置施設>周術期支援センター

診療科のご案内

周術期支援センター


周術期支援センターイメージ

周術期支援センターでは、手術を受ける患者さんがスムーズに安心して手術を受けられるように支援します。


業務および診療内容

本センターでは、手術を受ける患者さんを術前から術後(周術期)にわたって支援します。手術予定の患者さんには、まず本センター受診後、全身状態の把握、術前の検査スケジュールの調整、薬剤チェックと服薬指導、栄養・禁煙指導などを行います。専任看護師が、麻酔・手術のオリエンテーションを行い、患者さんの手術前の不安の軽減に努めています。
また、周術期口腔ケアセンターと連携して口腔ケアを行い、周術期感染症の減少に努めます。
さらに麻酔科医が診察を行い、治療が必要な内科的疾患の有無を把握、周術期の治療計画を考えることで、より良い周術期管理を行うことができます。
このように患者さんを中心として、さまざまな職種が密に連携を取って協力し、周術期の患者さんを支援しています。
(現在、限られた診療科の患者さんを対象にしていますが、対象となる患者さんを順次広げています)。

診療体制

医師、看護師、薬剤師、歯科医、歯科衛生士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療事務など多職種のチーム医療体制で支援します

ページの上部へ